「また新たな気持ちで」

ほとんど寝ていませんが、JR多賀城駅前でふなやま由美、藤原ますえい県議候補、多賀城市議団のみなさんと一緒に選挙の結果報告と今後の決意を訴えました。 急ぎ、仙台での街頭宣伝に向かいます。

「日本共産党10議席」

日本共産党は10議席獲得のみで、多賀城七ヶ浜選挙区県議補欠選挙で藤原ますえいさんも議席に届かず。 ご支援くださったすべての皆さまに心から感謝申し上げます。 期待に応えられず本当に申し訳ありません。公約実現にむけてこれからもがんばります。

「高橋ちづ子さん7選」

高橋千鶴子さんが7期目当選を果たしました!東北の命綱を守りぬけたことに胸を熱くしています。 ふなやま由美は宮城4区で残念ながら議席に届きませんでした。 ご支援いただいた皆さまに心から感謝申し上げます。 比例区と多賀城七ヶ浜県議補欠選挙の開票を藤原益栄事務所で見守っています。

【下水道処理・脱水汚泥ストックヤード問題調査】

多賀城市大代にある下水道仙塩浄化センターに、脱水汚泥の一時貯留施設(ストックヤード)が計画されています。
地域住民から悪臭など住環境悪化を招くのではないかと不安の声が寄せられています。
流域下水道の処理水はいくつもの浄化工程を経て、1㍑あたりBOD1mg~3mgのレベルまで浄化し貞山運河に放流されますが、汚泥は焼却し産廃処分場へ。
焼却施設のメンテナンスの間(最長で2カ月/年)は直接、産廃処分場に搬出せずセンターに貯留させるといいます。結局はコスト削減がねらい。
これは県が強行に進める上工下水道民営化に関連し起きる問題です。
環境と公衆衛生を守ることこそ必要であり、そもそも公の仕事を外国水企業に売り渡す民営化は、やめるべきです。
24時間管理で私たちの生活を支える下水道の仕事の現場を歩き、あらためて働く方々への感謝と「公共」の役割の大切さを痛感しています。
天下県議、藤原益栄県議予定候補、多賀城、塩釜、七ケ浜、利府の議員団と一緒に現地調査しました。

【宮城4区デビューしました😊】

海から山まで走る走る🏃
今朝は七ヶ浜・貞山運河近くで藤原益栄県議予定候補(多賀城・七ケ浜選挙区)とともに街頭宣伝。朝日がまぶしい。
佐藤多賀城市議、歌川七ヶ浜町議も一緒に、通勤の方々に声援いただきました。
午前中は色麻町、加美町の4ヵ所で宣伝。
原発も石炭も巨大風力発電もいらない、地産地消型のエネルギーへ転換を。
農業を国の基幹産業に。コロナ感染から命守る政治を。
米価暴落、担い手減少する農林水産業の振興や水道事業民営化問題など課題山積です。政権交代で安心の暮らし守る政治に変えようと訴えました✨

「党仙台市太白区女性後援会の集い」

党仙台市太白区女性後援会の集い。
感染対策をとって、開催していただきました。長年、私を育ててくれた皆さんです。
比例東北と宮城4区重複で国政めざす私の背中を押し、激励してくれました✨
「政権交代し命と暮らし守ろう」「コロナ感染で子ども達は?」「日本共産党は平和と民主主義守るために本気だね」と盛り上がりました。
政治変えるのは一票の力、主権者である国民です。

「宮城4区から国政へ」

23日、日本共産党宮城県委員会は秋に行われる衆議院総選挙と県議補欠選挙(多賀城・七ケ浜選挙区)の候補者について発表。記者会見を行いました。
私、ふなやま由美は総選挙で宮城4区から国政をめざします。比例東北との重複です。
(すでに宮城6区は内藤たかじさんを発表しています)
これまで4区候補として頑張ってきた藤原ますえいさんは秋の知事選挙と同日で投開票される県議補欠選挙(多賀城・七ケ浜選挙区)に出馬します。
横浜市長選挙で野党共闘で山中竹春さんが勝利した翌日。喜びを胸に会見に臨みました。
東北比例での2議席躍進と宮城からさらに共闘を発展させ、何としても政権交代を実現させる決意です。
国民の命も暮らしも壊す菅政権に終止符を打ち、希望持てる新しい政治をご一緒につくりましょう✨ 国政も県政も変えましょう!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

「いよいよ総選挙」

今日はマスコミの方が事務所にお越しになり、総選挙候補予定者の写真撮影です。
コロナ生活で口紅も久しぶりです。
毎日、街頭や外歩きが多くて美容院に行けませんが、とりあえず「ありのまま」で😅

「岩沼市で宣伝」

午前中は渡辺ふさ子岩沼市議、地域後援会のみなさんと5ヵ所で街頭演説です。みなさん、元気です!ワンピースにサンダルで宣伝に参加する女性たちもおしゃれ 💓
「補償も十分でない。事業者いじめの政治は許せない。政治を変えてほしい」と。ジュースの差し入れもありました😊

「燃える!石巻」

「燃える❗石巻」
炎天下でかなり暑い! 熱中症に気をつけて麦わら帽子と凍結させた麦茶を持って行動です😊
市民と野党共闘で政権交代を実現しようと5ヵ所で街頭演説。
三浦一敏県議、水沢ふじえ石巻市議、阿部律子女川町議と一緒です。復興住宅や住宅街、スーパー前などで多くの方に声援いただきました。
午前中は永年党員(30年)、50年党員の表彰伝達式に参加しご挨拶しました。
(黙食で美味しいお寿司をいただき、すてきなギター演奏もありました✨)
50年前は全国で革新自治体が次々と誕生し、1972年の総選挙で宮城県から庄司幸助さんを国会に押し上げた時代です。30年前は湾岸戦争やバブル崩壊、ソ連崩壊など激動の連続でした。
どんな時も、日本共産党がゆるがず情勢をきりひらいてきたのは、平和と民主主義を守り国民こそ主人公の社会をつくることを掲げた綱領、住民のみなさんと共に草の根でがんばる党員の力があるからです。
新たな時代を拓く。
決意を固めあう一日になりました✨